[PR]

 北海道開発局の工事をめぐる汚職事件などで有罪が確定して受刑した鈴木宗男・元衆院議員(71)=新党大地代表=が裁判のやり直しを求めた再審請求で、東京地裁(家令和典裁判長)は20日、請求を認めない決定を出した。弁護側は東京高裁に即時抗告する方針で、鈴木氏は会見して「これからも真実を求めて闘う」と語った。

 再審請求で弁護側は、証人尋問を控えた贈賄業者に検察が渡した想定問答集を提出し、「有罪を支えた証言の信用性が崩れた」と主張していた。地裁決定は「綿密な準備をした」と認めたものの、「尋問シナリオをもとに虚偽証言をさせたとはいえない」と判断。想定問答集を渡した行為の妥当性には踏み込まなかった。

 会見で鈴木氏は「想定問答集という重大な資料があるのに一顧だにしない判断は、裁判官の役割を果たしていない」と批判。

 弁護人の佐藤博史弁護士は「尋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら