[PR]

 名張川のアマゴとニジマスのさお釣り解禁を翌日に控えた20日、名張川漁協が支流の滝川などでアマゴ80キロとニジマス20キロを放流した。

 放流されたのは県産の体長20~30センチに育った成魚。この日は組合員10人が、赤目四十八滝を源とする滝川や本流の8カ所ほどに運んだ。バケツから川に放たれたアマゴとニジマスは、体をくねらせながら流れに泳ぎ出て行った。

 山端武彦組合長によると、今冬は雪が少なかったものの水量はあり、コンディションは例年並みという。

 解禁は21日午前6時。解禁場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら