[PR]

 天皇はどんな毎日を過ごしているのか。あまり知られていないが、先々まで予定がぎっしり埋まり、完全な休日がほとんどない。

 側近によると、4月30日に退位した上皇さまは在位中、午前6時ごろに起床し、皇居・御所周辺を散策するのが日課だった。その後に朝食をとり、新聞に目を通す。すでにリタイアしている多くの同年代の人たちと違い、陛下の多忙な一日はここから始まる。

 例えば昨年11月8日のスケジュールを見てみよう。お住まいの御所で国際生物学賞の関係者から説明を受けた後、宮殿に移動して秋の勲章親授式へ。昼食後、皇居内で清掃ボランティアに従事した勤労奉仕団からあいさつを受け、夕方には東京都内で明治維新150年記念特別展などを鑑賞。帰宅したのは午後7時過ぎだった。

 天皇の仕事として大きな比重を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら