【動画】漫画家・井上雄彦さんと千葉ジェッツ主将・小野龍猛選手が対談=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(52)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン6回目は、B1東地区で1位を走る千葉ジェッツの主将、小野龍猛(りゅうも)選手(31)です。

 井上 今季の千葉はBリーグでの観客動員数もトップを走っています。全日本選手権でも3連覇を達成しました。名実ともに日本を代表するチームになりましたね。

 小野 トヨタ自動車(現アルバルク東京)から移籍してきて6シーズン目になりますが、当時は、いまのような状況になるとは想像も出来ませんでした。熱心なファンは昔からいましたが、数はそれほどでもなかった。チームを取り巻く環境も、いまとは大きく違いました。バスで名古屋まで遠征したときは「マジか?」と思いましたね。練習場は固定されておらず、毎日のように時間と場所を確認していました。

 井上 練習場所を転々としたことで、チームを身近に感じてくれる人も増えたのでは?

 小野 それはあると思います。そういう機会をきっかけに、試合を見にいこうと思ってもらえたのは大きいと思います。地域に密着した活動は多いチームです。オフシーズンに行っているバスケ教室やお祭りへの参加の数などは、リーグで1番かもしれません。

 井上 千葉へ移る前は、なかなか出場機会を得られませんでした。

 小野 練習で活躍しても、試合に出してもらえない状況が続きました。コーチの好みに自分が合っていなかったかもしれない、という思いはあります。そんなとき、千葉が熱心に誘ってくれました。当時は自分も結婚したばかりで、試合に出ていないと相手の両親も心配するなと思って。それで移籍を決断しました。移籍直後の1シーズンで、過去3シーズン分の得点も出場時間も取り返すことができた。千葉に来て本当によかったなと思っています。

 井上 2015~16年シーズ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら