[PR]

 フリマアプリを通じてわいせつな画像を売買したとして、福岡県警は20日、女子中高生3人と会社員の男ら5人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの疑いで書類送検したと発表した。女子生徒ら3人は容疑を認め、「金は化粧品や洋服の購入に使った」と供述しているという。

 少年課によると、女子生徒は愛知県や埼玉県、東京都に住む15~17歳。男らは愛知県や神奈川県に住む20代~50代の会社員や無職。

 女子生徒3人は2017年~18年ごろ、自身のわいせつな画像を買う人をSNSで募集。複数の男らに自分で撮影した裸の画像をスマホで送った疑いがある。男5人は、女子生徒3人のうち1人の女子高生から繰り返し画像を購入し、所持した疑いがある。

 女子生徒は、男らとSNS上で画像を売買する約束をした後、男の名前を明記した架空の商品をフリマアプリに出品。入金を確認後、画像を送っていた。生徒の1人は2年余で約150万円を得ていたという。

 フリマアプリを通じて代金のやりとりをすれば、互いに銀行口座や名前などの個人情報を知らずに済むため、両者がアプリを利用したと県警はみている。(菅原普)