[PR]

 糸魚川市が創設した翡翠(ひすい)文学賞の第1回受賞作品が決まった。最優秀賞に大阪府の学生、春野美雪さん(19)の「花灯(あか)り」、優秀賞に山口県の通訳・翻訳業、田村瀬津子さん(45)の「白翡翠」と北海道の公務員、湾野はじさん(28)の「翠(みどり)の竜」の2点が選ばれた。

 最優秀賞の春野さんは「応募したのは、テーマの『ヒスイ』と『奴奈川(ぬなかわ)姫』という言葉から、ふっと、清流の上を吹き抜ける緑の匂いを含んだ風と、それを受けて水辺に立つ女神の姿が連想されたのがきっかけでした。私の作品を読んだ方が少しでもヒスイの実物にも興味を持っていただければうれしい」などの受賞コメントを出した。

 糸魚川市は国内有数のヒスイ産地であり、古事記に登場する奴奈川姫の神話の舞台でもあることにちなみ、ヒスイと奴奈川姫の両方またはどちらか一方をテーマとする小説を昨年6~11月に公募。245作品の応募があった。二次審査を通った5作品を小説家の夢枕獏さん、児童文学作家の岡田依世子さん、糸魚川市出身でフリーアナウンサーの伊藤聡子さんの3人が選考した。

 賞金は最優秀賞が50万円、優…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら