[PR]

 児童虐待の防止が社会的な課題となるなか、東京都の専門学校1年、太田蘭さん(19)が20日、国会内の集会で、母親から虐待された体験を語った。母親が暴力を振るうのは「自分が悪いから」と考え、それが虐待だとは気付かずに受け入れていたという。

 一般財団法人「教育支援グローバル基金」が同日、かつて虐待を受けた学生ら37人が虐待防止策を提言する集会を国会内で開催。太田さんは国会議員らを前に、自身の経験を語った。

 母子家庭に育った。母親から虐待されるようになったのは小学生の頃。殴られ、髪をつかまれ、家の外に放り出された。

 警察へ相談に行っても、「お母…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら