東久邇信彦さん(ひがしくに・のぶひこ=元皇族)が20日、病気のため死去、74歳。通夜は26日午後6時、葬儀は27日午後1時から東京都文京区大塚5の39の1の豊島岡墓地参集所で。喪主は妻吉子さん。

 45年3月、昭和天皇の初孫として誕生。天皇陛下の姉である故・東久邇成子さんの長男で、天皇陛下のおいに当たる。

 2歳だった47年10月にほかの10宮家とともに皇籍を離脱した。慶応大学を卒業後、三井銀行に勤務。財団法人日本タイ協会常務理事、全日本野球会議名誉会長などを務めた。