[PR]

 ベネズエラ出身の世界的指揮者、グスターボ・ドゥダメルさん(38)が、音楽監督を務める米ロサンゼルス・フィルハーモニックと共に来日している。20日に都内で記者会見を開き、混乱が続くベネズエラ情勢と、自らを育てた音楽・社会変革システム「エル・システマ」について語った。「エル・システマ」は子どもたちに楽器を貸与し、音楽を通じて社会性を身につけさせるベネズエラ発祥の取り組みで、社会政策として評価されているほか、ドゥダメルさんら優れた音楽家が輩出した。欧州などにも広まり、日本でも成果を生んでいる。

          ◇

 ――ベネズエラの状況をみんなが心配しています。ドゥダメルさんと、エル・システマとの今後の関係はどうなるのでしょうか。

 「関係は変わりません。我々は大きな一つのファミリーですから。ロサンゼルス・フィルの楽団員たちがまだベネズエラにいて、子供たちに教えています」

 「ベネズエラは複雑な持続的危…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら