[PR]

 第42回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が21日、札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で開かれた。3~8人の少人数編成で演奏されるアンサンブル。県内からは東関東支部(千葉、栃木、茨城、神奈川)代表として3団体が出場し、習志野市立第一中学校のフルート四重奏が金賞に輝いた。同市立第四中学校のクラリネット四重奏と市立習志野高校のクラリネット四重奏は銀賞を受けた。

 習志野一中は難曲の「夏山の一日」に挑戦。チームを牽引(けんいん)してきた3年の山地沙映花(やまぢさえか)さんと高橋花穏(かのん)さんは演奏直後、「もっと良い演奏ができた」と納得がいかない表情を浮かべたが、それでも結果は金賞。顧問の教諭は定期演奏会で来られなかったが、会場で演奏を見守った前顧問で習志野高校の織戸弘和教諭は「高校の部に出ても勝負できる高いレベルの演奏でした」と成長に目を細めた。

 習志野高のクラリネット四重奏は、昨年と同じメンバーで2年連続出場。技術力が問われる「超絶技巧練習曲第七番『アニマンド』」に挑戦した。演奏後、メンバーの遊馬綺華(あすまあやか)さん(2年)は「全員で団結し、やりきりました」と話した。

■基礎練習を徹底、急成長 初出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース