[PR]

 三重県知事選が21日に告示され、無所属新顔で市民団体「県生活と健康を守る会連合会」会長の鈴木加奈子氏(79)=共産推薦=と、無所属で3選を目指す鈴木英敬氏(44)=自民、公明、新政みえ推薦=の2人が立候補を届け出た。鈴木英敬氏の2期8年にわたる県政運営の評価などが争点となる。

 三重県知事選は2011年、自民党などの推薦を受けた鈴木英敬氏が民主党推薦候補らを破って初当選した。15年の前回は、英敬氏が自民、公明、旧民進系の地域政党「新政みえ」の推薦を受け、共産党推薦候補を破って再選を果たした。今回も旧民進勢力は独自候補を擁立せず、新政みえは告示直前に英敬氏の推薦を決めた。