[PR]

 21日午前2時55分ごろ、大阪府泉佐野市南中安松のガソリンスタンドで「サバイバルナイフを突きつけられて縛られた」と男性従業員から110番通報があった。男性は事務所に押し入ってきた男にテープで縛られるなどして事務所の現金約290万円を奪われたといい、府警が強盗事件として捜査している。

 泉佐野署によると、現場はセルフ給油式のガソリンスタンド。同日午前2時45分ごろ、車で来たマスク姿の男がインターホンを押したため、男性従業員が事務所のドアを開けたところ、男がナイフを突きつけて「金を出せ。刺すぞ」と脅したという。

 男は事務所に押し入り、男性の両手をビニールテープで後ろ手に縛り、ホースで体と椅子を固定。金庫や机の上にあった売上金を奪って逃走したという。男性にけがはなかった。

 逃げた男は30代くらいで、身長は175センチ。黒っぽい上着で白いマスクと眼鏡をかけていたという。