[PR]

 「闘いはあまりにも長すぎた。人生をめちゃくちゃにしたことの深刻さをよく考えて」(70代原告女性)

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられた宮城県内の60代と70代の女性が、初めて国に国家賠償を求めた訴訟が20日、結審した。旧法の改正から20年余り。この間、国は謝罪も救済も拒んできた。判決は5月28日、仙台地裁。今国会で救済法案作りが進む中、司法の判断が注目される。

 この日の口頭弁論でも、原告と国の主張は真っ向から対立。裁判を終えるかどうかでさえ、争われた。

 救済法が成立すれば「原告の主張の一部が前提を欠くこととなる」として裁判の引き延ばしを求める国。対する原告側は法案が盛り込んだ一時金320万円は被害に見合わないとして、まずは判決で賠償額を示すべきだと主張。弁論は一時休廷に持ち込まれた。

 約10分後。再開された法廷で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら