[PR]

 青森県むつ市にあるむつ総合病院を運営する一部事務組合下北医療センター(管理者・宮下宗一郎市長)は、同病院で患者が死亡した2件を医療ミスと認め、遺族側にそれぞれ損害賠償金を支払うことで今年1月に和解したと20日に組合議会に対し報告した。

 2014年7月に当時67歳の男性がバイク運転中に自損事故を起こして救急搬送されたが、8日後に大動脈破裂で死亡した。これについて男性の妹が、医師が大動脈解離の所見を見落とし適切な治療を受けられずに死亡したとして、医療センターに損害賠償などを求めて青森地裁に提訴した。地裁は請求を棄却したが、控訴審の仙台高裁は昨年12月に和解を勧告。医療センターが妹に損害賠償金3千万円を支払うことで和解した。

 17年6月に末期のS状結腸がんと診断され10カ月後に死亡した50代男性については、同年1月のCT検査でがんの所見を見落としていたと遺族が申し立てていた。医療センターは今年1月、男性の遺族3人に損害賠償金計2800万円を支払い和解した。

 取材に対しむつ総合病院側は「今後はさらなる医療ミスや事故を招かないよう対応する」と答えた。(板倉大地、伊東大治)