[PR]

 韓国統計庁は20日、昨年の婚姻・離婚統計を発表した。人口1千あたりの婚姻は5・0件で、1970年に統計を始めてから最低となった。婚姻数をみると約25万8千件で、前年より約7千件減った。昨年は出生数でも過去最少を記録している。

 同庁によれば、1千人あたりの婚姻は80年に過去最高の10・6件となった後、減少局面に入り、特に2012年から昨年までは7年連続の減少だった。政府は、教育費など生活への負担や価値観の変化などが、婚姻の減少につながったとみている。

 同庁によると、18年に韓国で生まれた韓国人の子どもの数(出生数)は、前年より約3万人少ない約32万7千人で、こちらも過去最少だった。女性が一生に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は0・98となり、統計を始めた70年以降、初めて1を割り込んだ。

 同庁によれば、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国で1を割り込んだ国は韓国だけ。16年の統計では1・3未満の国もないという。日本は1・44(16年)だった。高麗大の黄明鎮(ファンミョンジン)教授(社会学)は「女性の社会進出や教育費の負担が増えている一方で、社会の結婚や家庭に対する見方が変わっていない」と語った。(ソウル=牧野愛博)