[PR]

 外務省の森健良外務審議官とロシアのモルグロフ外務次官は21日、モスクワで日ロ平和条約締結について交渉した。冒頭でモルグロフ氏は「我々は協議の入り口にいるにすぎず、双方には本質的な食い違いがあると言わざるを得ない」と指摘。交渉の進展は難しい。

 森氏とモルグロフ氏は、安倍晋三首相とプーチン大統領から実務的な交渉担当者に指名され、今回の交渉が3回目。森氏は終了後、前回の交渉の論点を持ち帰って検討した結果を伝え、議論したことを記者団に明らかにした。そのうえで森氏は「難しい問題が多々ある」としつつも、「若干の進展を見た部分もあった」とも語った。

 一方、ロシア国内では大半の国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら