[PR]

 第42回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が21日、札幌市中央区の札幌コンサートホールKitaraで開かれ、県内からは東北支部代表として3団体が出場した。大学の部の山形大学・金管八重奏、中学校の部に出場した山形市立第六中学校・金管八重奏、職場・一般の部のカルタムクラリネットアンサンブル・クラリネット八重奏はいずれも銀賞を受けた。(宮谷由枝)

 山大は八木澤教司作曲の「忘却の城跡」を緩急をつけて、表現力豊かに演奏した。こだわったのは曲にストーリー性を持たせること。中世ヨーロッパを舞台に、革命に巻き込まれた男が過去の穏やかな町並みや母の姿を思い出しながらも、現実に引き戻される。そんな物語をメンバー全員で作り上げ、楽器を上下左右に動かしたり、足踏みしたりしながら表現した。

 中心となって練習を進めてきた多田侑功(ゆうこう)さん(3年)は「技術は同じでも、無感情で演奏するのではなく、ストーリーを想像して全員が同じ気持ちで吹くことで自然と音が変わってくる。今日は作ってきたストーリーをしっかり思い描いて演奏できた」と話した。

 「メンバーが緊張しやすい」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース