拡大する写真・図版 貴景勝(右)は押し出しで栃ノ心を破る=加藤諒撮影

[PR]

 大相撲の関脇貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県芦屋市出身、千賀ノ浦部屋=が大関昇進を確実にした。春場所(エディオンアリーナ大阪)千秋楽の24日、10勝目を挙げた。昇進の目安「直近3場所を三役で33勝」を上回る34勝目。日本相撲協会審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)が臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請したと明らかにした。了承されれば場所後の27日、臨時理事会と番付編成会議を経て誕生する。

 阿武松部長は打ち出し後、9勝止まりだったら昇進を見送る考えだったと明かした上で、「重圧がかかる中で一方的に(栃ノ心を)持って行きましたから。大関の力があると思いました」と話した。

 貴景勝は小結だった昨年九州場所で13勝して初優勝。続く初場所は関脇で11勝し、「直近3場所を三役で33勝」に届いたが、起点となる昨年秋場所(小結)が9勝にとどまっていたことなどから評価を下げ、昇進を見送られていた。

     ◇

初土俵から大関までのスピード昇進(場所数)

①琴欧州 19

②朝青龍 22

③照ノ富士 25

④曙 26

⑤武蔵丸 27

⑥貴景勝 28

⑦小錦 30

 貴ノ花(貴花田)

⑨白鵬 31

⑩若ノ花(若花田) 33

※年6場所制となった1958年以降デビュー。幕下付け出しは除く

     ◇

大関昇進の年少記録

①貴ノ花(貴花田) 20歳5カ月

②北の湖 20歳8カ月

③白鵬 21歳0カ月

④朝青龍 21歳9カ月

⑤貴ノ浪 22歳2カ月

⑥北尾 22歳3カ月

⑦若ノ花 22歳6カ月

⑧初代貴ノ花 22歳7カ月8日

⑨貴景勝 22歳7カ月22日

⑩玉乃島(後の玉の海) 22歳7カ月23日

※年6場所制となった1958年以降デビュー。貴景勝の年齢は27日現在