[PR]

 長野県安曇野市の特別養護老人ホームで女性入所者(当時85)がドーナツを食べ、その後に死亡した事件があり、長野地裁松本支部(野沢晃一裁判長)は25日、食事の介助役で業務上過失致死の罪に問われた長野県松本市の准看護師山口けさえ被告(58)に、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。

 事件があったのは2013年12月。判決によると、女性は被告が配ったドーナツをのどに詰まらせて窒息し、約1カ月後に低酸素脳症で死亡した。

 介護の現場に過度の責任を負わせるのは酷だとして、無罪を求める約44万5500筆の署名が裁判所に提出されていた。だが判決は、女性は食べ物を口に詰め込む傾向があり、窒息対策などとしておやつがゼリーに変更されていたと指摘。変更について、被告は施設の引き継ぎ資料などで確認すべきだったのに怠ったと過失を認定した。

 女性の食事中の様子を注視するのを怠ったとする検察側の主張については、他にも食事の介助が必要な人がおり「異変に気づける程度の注視を求めるのは困難」として退けたものの、量刑は求刑通りとなった。

 判決後、弁護側は判決を不服とし、即日控訴した。

■「介護現場に人は集まらなくな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら