[PR]

 国際的な報道写真家団体「マグナム・フォト」に所属する写真家が来沖し、沖縄県内の元気な高齢者を撮影している。米国を拠点とする世界最大規模の高齢者団体「AARP」の創立60年を記念した会誌用の撮影で、国内では唯一沖縄が撮影場所となった。18日、北谷町桑江の北谷ボウルで高齢ボウラーの前原信光(しんこう)さん(103)の撮影が行われた。

言葉わからなくても「インスピレーション」

 マグナム・フォトは1947年に写真家ロバート・キャパの呼び掛けで結成され、現在約50人のメンバーが所属している。今回撮影のために来沖したのはメンバーの一人、ジム・ゴールドバーグさん(65)。20日まで滞在し、ほかに重要無形文化財「芭蕉布」保持者(人間国宝)の平良敏子さん(98)や、セーラー服で老人ホームの慰問をする城間ヨシさん(97)などを撮影予定。

 前原さんは日本ボウリング場協…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら