[PR]

 沖縄県以南に分布する熱帯性のウニを和歌山県の海岸で発見したと、京都大の研究チームが発表した。「リュウキュウナガウニ」という種類で、研究チームは「海の中で温暖化が進んでいることを示唆する現象だ」としている。

 京都大瀬戸臨海実験所は、同県白浜町の海岸でウニの個体数調査をしている。このうち、2016年夏から17年夏にかけて採取した5個体のナガウニ類についてDNAを解析をしたところ、リュウキュウナガウニと確認された。

 同実験所は和歌山県で1963年からウニの調査を続けているが、南の暖かい海にすむリュウキュウナガウニが見つかったことはなかった。生きた個体が確認されたのは本州では初めてという。

 トゲを除いた殻の直径は8~2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら