【動画】「仮面女子」猪狩ともかさん 今季のプロ野球へのメッセージ=伊藤雅哉撮影
[PR]

 アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん(27)は大事故を乗り越え、車いすでステージに復帰した。昨年4月に強風で倒れた木製案内板の下敷きになり、両下肢まひになった。長くつらいリハビリ生活中、「プロ野球に元気をもらいました」と話す。

 幼少時から母に手を引かれて西武の応援に通った。松井稼頭央(現2軍監督)のファンだった。アイドルになり、一昨年には「ずっと夢だった」という始球式のマウンドに。事故に遭い、きらきらと輝いていた生活は一転した。

 けがから1週間後、まだ病院のHCU(高度治療室)にいた猪狩さんは母に教えられた。「西武が8点差を逆転したよ!」。4月18日の日本ハム戦。八回表まで0―8と大差をつけられながら、そこから逆襲に転じ九回サヨナラ勝ちした試合だった。少し回復した後は病室でラジオ中継を聴いた。事故を知った西武の応援団が、球場で声をそろえて猪狩さんへのエールを送ってくれたことも知った。「すべてが私の力になりました」と感謝する。

 2回目の始球式登板が決まったのは入院中。リハビリのメニューに投球練習が加わった。9月9日、車いすで現れると、「球場全体が私のことを応援してくれているように感じましたね」。1回目の時はまだ知名度も低く、拍手もまばらだった。ここに帰って来られてよかったと思えた。

 昨年は西武が10年ぶりのリー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら