[PR]

 愛知県知立市のパチンコ店の駐車場で昨年10月、現金3千万円が奪われた事件で、県警は21日、名古屋市交通局職員の夏山光生(36)と電機設備会社員の伊藤琢也(36)=ともに同市守山区=の両容疑者を強盗致傷容疑で逮捕し、発表した。夏山容疑者は容疑を否認し、伊藤容疑者は認めているという。

 安城署によると、2人は共謀し、昨年10月5日午前10時45分ごろ、知立市上重原町のパチンコ店「メガコンコルド1020刈谷知立店」の駐車場で、パチンコ景品卸業の会社員男性(35)に背後から体当たりし、売上金3千万円が入ったバッグを奪って逃げた疑いがある。男性は軽傷を負った。2人は知人同士という。現場周辺の防犯カメラの映像などから2人が浮上したといい、署は動機や金の使途を調べている。