[PR]

 23日に三陸鉄道のリアス線が開業するのを前に22日、宮古駅の新しい駅の看板がお披露目された。リアス線だけでなく、引き続きJR山田線(盛岡―宮古)も発着する宮古駅。左上に「三陸鉄道」、右上に「JR」と書かれた新たな看板が駅舎に登場した。

 宮古には三鉄とJRの駅舎があるが、リアス線開業に伴い、JRの駅舎でリアス線と山田線の切符販売や改札業務などが行われる。JRの社員は常駐せず、三鉄の社員が業務を担う。

 式典で、三鉄の赤沼喜典・宮古駅長は「地域の足として多くの人に利用していただき、地域の振興に役立ちたい」と意欲を語った。一方、この日で駅長としての役目を終えるJRの三上政勝・宮古駅長は「国鉄からの84年の歴史に幕を下ろす。ぽっぽや魂を引き継ぎ、住民の方々が使いやすい駅にしてほしい」とエールを送った。

 リアス線は久慈駅から盛駅まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら