[PR]

 欧州連合(EU)は21日、首脳会議を開き、4月12日までに、離脱の長期延期か、「合意なき離脱」か、離脱の撤回か決めるよう英国に求めた。英国が求めていた6月30日までの離脱延期は拒否し、英側に最後通告を突きつけた格好だ。

 首脳会議後にEUが発表した声明によると、29日までに英議会下院が離脱協定案を可決すれば、EUは協定案の批准手続きのために5月22日までの延期を認める。ただ、英議会はすでに2回、協定案を否決しており可決のハードルは高い。

 そのため、EUは協定案が否決された後の英国側の選択肢についても検討し、離脱日をひとまず4月12日まで延期することにした。この日は5月末にある、欧州議会選に参加する意向を示す期限にあたる。

 英国は12日までに、長期延期か、経済や市民生活に混乱をもたらしかねない「合意なき離脱」か、離脱の撤回を選ばなければならない。

 EU関係者によると、英国が長期延期を選んだ場合は、英議会の行き詰まり状態を打開するため、離脱の是非を問う国民投票の再実施や、解散総選挙の実施など、英にとって極めて厳しい条件をEU側があらためて課す可能性が高いという。

 英国とEUはスムーズな離脱のために昨年11月、様々なルールを定めた協定案で合意したが、発効に必要な英議会の承認が得られていない。メイ首相は、「合意なき離脱」を回避し、英議会の承認を得るための時間を確保するため、離脱時期の3カ月間の延期をEUに求めていた。(ブリュッセル=津阪直樹)