[PR]

 河野太郎外相は22日、体調不良のため、閣議や来日中のブルガリア外相との会談などの公務をすべて取りやめた。河野氏は20日に発熱などの体調不良を訴え、20、21両日の公務を中止して東京都内の議員宿舎で療養していた。21日に病院で診察を受けたところ、腎盂腎炎(じんうじんえん)と診断されたという。

 関係者によると、22日午前時点で入院はしていない。20日に河野氏が欠席したことを受けて延期されていた22日の参院外交防衛委員会は、佐藤正久副大臣が出席して開かれる見通しだ。