[PR]

 第91回選抜高校野球大会は23日、紫紺の優勝旗をかけた12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の戦いが幕を開ける。開会式は午前9時から。前回優勝校の大阪桐蔭を先頭に、今大会の出場32校が入場行進する。22日は開会式のリハーサルがあり、選手宣誓を行う広陵の秋山功太郎主将らが本番に備えた。

初日から優勝候補が激突

 投手の好素材が集まる大会で、総合力の高さが目を引くのは星稜、履正社、広陵。ただ、平成最後の選抜王者を争うトーナメントは展開が読みづらい。いずれも初戦から山場を迎えるからだ。

 開幕日、昨秋の明治神宮大会準優勝の星稜と近畿4強の履正社がぶつかる。星稜は出場32校の主将に優勝候補を尋ねるアンケートで最多の17票を集めた。奥川(おくがわ)恭伸―山瀬慎之助のバッテリーは3季連続となる甲子園。完成度は屈指だ。打線も1番東海林航介、4番内山壮真を軸に相手投手への対応力が高い。

 履正社は強力打線が健在。相手の隙をついてたたみかける破壊力は抜けているが、星稜バッテリーを攻略するのは簡単ではない。好左腕の清水大成が粘って接戦に持ち込めるか。勝者は間違いなく勢いづく。

 広陵は硬軟自在の攻撃に加え、右腕の河野(かわの)佳、左腕の石原勇輝を軸に投手力が際立つ。ただ、1回戦が難敵だ。八戸学院光星は2011年から春夏の甲子園初戦で10連勝中。自慢の打線は3番武岡龍世、6番下山昂大が勝負強く、勢いに乗れば春夏通じての東北勢初優勝も見えてくる。

 打力で勝ち上がりそうなのが智弁和歌山。黒川史陽、東妻(あづま)純平、根来塁といった中心打者は昨春、選抜の準々決勝、準決勝で両チーム2桁得点という打撃戦を制した経験を持つ。中谷仁新監督の采配にも注目だ。同じゾーンでは、中森俊介、宮口大輝と試合を作れる右腕がそろう明石商も上位をうかがう。

 個々の能力が光るのは、横浜と東邦。横浜は153キロ左腕の及川(およかわ)雅貴を筆頭に力のある投手が複数そろう。東邦は3番石川昂弥、4番熊田任洋を軸に得点力が高い。昨秋の公式戦では1試合平均得点が9を上回る。ともに、大会を通じてチームとしての完成度が上がってくれば紫紺の優勝旗も見える。

 好右腕の前佑囲斗を擁する津田学園も、8強以上を狙える。近畿王者の龍谷大平安とぶつかる初戦は接戦になりそうだ。

 昨秋の神宮王者となった札幌大谷はバッテリーのレベルが高く、啓新は安積航大、浦松巧の継投に安定感がある。ともに初出場。台風の目になれるか。

 ベンチ入りメンバー16人で挑む米子東も気になる。21世紀枠では石岡一が楽しみだ。三振の奪える右腕岩本大地に注目したい。(小俣勇貴

     ◇

肩ひじ検査は異常なし 第91回選抜高校野球大会の大会本部は22日、参加する投手の肩、ひじの関節機能検査の結果を発表した。大会規定で投球禁止となる重い症状の選手はいなかった。受診対象者は111人。人数ごとのチーム数は5人(4チーム)、4人(13)、3人(10)、2人(4)、1人(1)だった。

こんなニュースも