[PR]

 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、東シナ海の日中中間線の中国側で今月上旬、中国がガス田開発のための掘削船を新たに配置したと明らかにした。日本政府は現場海域の境界線は画定していないとの立場で、「一方的な活動を続けることは極めて遺憾だ」と中国政府に抗議した。

 外務省によると、今回確認された掘削船以外に、昨年9月に周辺海域で確認された別の掘削船も場所を変えて活動を続けているという。2隻の船が同時に活動していることについて、同省幹部は「珍しいことではないが注視している」としている。

 これに対し、中国外務省の耿爽副報道局長は22日の会見で「開発場所は議論の余地のない中国の管轄海域だ。いわゆる中間線は日本側の一方的な主張で、中国が認めたことは一度もない」と反論した。(鬼原民幸、北京=延与光貞)