[PR]

 延岡市出身の五輪競泳メダリスト、松田丈志さん(34)の活躍をたたえる記念碑が4月、練習拠点だった「ビニールハウスプール」の跡地に完成する。外観から、そう呼ばれた市立東海中学校プールの建て替えの一環として市が整備中。読谷山洋司市長が22日、定例会見で発表した。

 市教委総務課によると、老朽化したプール本体の建て替えが3月末に完成。記念碑は外構工事の一環として4月半ば、プール入り口前に完成する。高さ約1・4メートル、幅約1・3メートルの御影石に松田さんの実績や好きな言葉を刻む。1月から本人と協議してきたという。

 4月20日午前10時から現地で除幕式、午後2時から野口記念館で松田さんの講演会を予定している。

 松田さんは、東海中プールを借用していた東海スイミングクラブに4歳から通い、五輪4大会連続出場でメダル4個を獲得。2016年9月の引退表明を受け、市は屋内温水の「松田記念プール」として建て替える方針を示したが、関係者との調整不足などから断念した。(吉田耕一)