[PR]

 国土交通省中部地方整備局は25日、中部空港(愛知県常滑市)の隣接海域に名古屋港の浚渫(しゅんせつ)土砂を埋め立てる事業計画案を公表した。地元政財界はここに第2滑走路の建設を目指すが、実現には課題がある。

 事業計画案は、この日公告された環境影響評価の準備書に盛り込まれた。名古屋港の航路を維持するために海底をさらう土砂を処分するため、空港西側と南東側の計約290ヘクタールを5工区に分けて段階的に埋め立てる。西側は約15年かけて約480メートル沖合に拡張され、第2滑走路の候補地と期待される。

 中部地整は「埋め立てはあくまでも港湾事業で、第2滑走路とは無関係」とする。だが愛知県の大村秀章知事は昨年7月、この土地を活用してリニア中央新幹線が開業する2027年までに第2滑走路建設を目指す考えを表明した。

 ただ、埋め立て事業の実施には…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら