[PR]

 米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)に昨年1月から配備されている強襲揚陸艦ワスプが22日、佐世保港を出港した。出港の際、多数の乗組員が艦の両舷に出て整列する「登舷礼」という作法がとられたことから、「佐世保を離任したのでは」との見方が出ている。

 米海軍佐世保基地は朝日新聞の取材に、「通常の作戦行動のために出港した」「(ワスプの)前方配備は続く」などと回答した。

 ただ、登舷礼は艦船が特別な出入港の際に敬意を表するために行われる。基地監視団体リムピースの篠崎正人編集委員によると、ワスプはこの日、艦のシンボル旗も掲げていたという。

 篠崎編集委員は「普通の作戦行…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら