[PR]

 バスケットボール女子WリーグのJX―ENEOSは22日、元日本代表で長くポイントガードとして活躍した吉田亜沙美(31)が引退することを発表した。25日に記者会見する。

 吉田は東京成徳大高時代の2005年に日本代表入り。日本代表としては16年のリオデジャネイロ五輪に出場し、主将として8強入りに貢献した。高校卒業後は強豪の現JX―ENEOSに入り、Wリーグ11連覇に貢献した。