【動画】「じげ弁(白峰弁)が一番上手」といわれる山田喜一さん=井上秀樹、外山俊樹撮影
[PR]

 「ひこもろら、ぎららのうちらは、男がおらなんだろ、そやさかい、柴(しば)ひろて来たり、炭ひろて来たり、こながれもぎららしずやらでかいのひろえんじゃが、ほそいような、ほえ燃やしたり、そすっとすぐ燃えてしもて」

 加藤スエさん(80)の幼いころの思い出だ。何となくわかったような、ベールに包まれているような……。

 山田喜一さん(85)に教わった。「ぎら」は私、「ほえ」は枝の先。「こながれ」は川に流れてきたものを指す。これは、前後から何とか類推できそうだ。

 では、「ひこもろ」と「しず」は? 前者は加藤家の屋号、後者はスエさんの姉の名前だった。

 ここは石川県の白峰(しらみね)。岐阜との県境にそびえる霊峰・白山のふもと。老人会「白峰寿会」で話を聞いている。

 言語学では、周囲と異なる言語を話す地域を、言語島(げんごとう)と呼ぶ。周辺との交流が絶えていたり、大量の移住者がいたりすることで生まれる。その一つが旧白峰村だ。

 40年近く研究してきた金沢大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら