[PR]

 来月1日の新元号発表を前に、茨城県つくば市の国立公文書館つくば分館では、「平成」発表時の小渕恵三官房長官(当時)をまねた写真が撮れるコーナーが人気を集めている。

 昨年3月、国立公文書館(東京都千代田区)が「平成」と書かれたクリアファイルを制作。つくば分館が購入者の記念撮影用にテレビ画面のパネルを設置したところ、ツイッターなどで評判になった。

 クリアファイルは1枚300円(税込み)。つくば分館だけで700枚以上売れた。贈答用に150枚買った企業もあったという。

 5枚購入した横田雅光さん(63)は「終わってしまう平成という文字を友達と共有したい」。(杉本康弘)