[PR]

 AMラジオ局がAM放送をやめてFM放送に乗り換えることができるよう、日本民間放送連盟(民放連)が総務省に制度改正を要請する方針を固めた。複数の放送関係者への取材でわかった。27日に開かれる同省の有識者会議「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」で表明する。

 ニッポン放送(東京)やMBSラジオ(大阪)などAMラジオ局の大半が現在、都市部や山間部での難聴対策や災害対策の名目で、AMの番組をFMで同時に放送する「FM補完放送(ワイドFM)」をすでに実施している。従来のFM周波数とは異なり、周波数90メガヘルツ超の電波を受信できる端末でないと聞くことができないため、対応機種への買い替えが必要だ。

 関係者によると、AM放送の電波送信所の老朽化に伴う設備更新費が、将来的に経営を圧迫することが予想されることなどから、大半のAM局が比較的費用負担の少ないFM放送への一本化を希望しているという。

 民放連は、放送免許の更新時期となる2028年までに、希望するラジオ局がFM放送に転換できる仕組み作りを求めるという。広大な放送エリアを持つ北海道など、広い範囲に電波を届けるためにAM放送を続ける局もある見込みだ。