【動画】イチロー選手の引退について語る将棋の羽生善治九段=村上耕司撮影
[PR]

 将棋の羽生善治九段(48)は22日、大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が引退を表明したことについて、「残念と言えば残念だが、アスリートとして道を究めていくところで、思うところがあったのかなと思う」と話した。

 羽生九段は東京都渋谷区の将棋会館であった対局の後、取材に応じた。イチロー選手が頭角を現した1990年代、羽生九段はタイトルを次々と獲得し、同じ20代のヒーローとして注目を集めていた。

 イチロー選手が当時のプロ野球記録となるシーズン210安打を達成した94年、羽生九段は初めて名人を獲得。その年には、紅白歌合戦の審査員にそろって出演したという縁もある。「若くして活躍して、メジャーに行かれた。その後はイチローさんにしかできない道のりだったと思う」

 数々の記録よりも、試合に臨む際に貫いてきたストイックな姿勢が印象に残るという。「イチローさんは遠い存在。『すごい』という言葉が陳腐になるぐらいすごい。引退しても、その存在感は変わらない気がする。今後も他の人ではなし得ないことを続けて欲しい」と語った。(村瀬信也