[PR]

 29日に迫っていた英国の欧州連合(EU)からの離脱は、少なくとも4月12日までは延期された。経済や市民生活に混乱をもたらしかねない「合意なき離脱」か、離脱方針の抜本的見直しか――。EU各国が英国に厳しい選択を迫った背景には、EU内で極限まで高まった英国へのいらだちがあった。

 ブリュッセルで21~22日に開かれたEU首脳会議は、英国のEU離脱問題で一色になった。

 メイ英首相は会議直前の20日、離脱時期を6月末まで3カ月、延期することを各国に求めた。英・EU間で昨年11月に合意した離脱協定案は、英議会の承認が得られていない。このままでは3月29日、「合意なき離脱」となる危険性が高まっていた。

 EUのトゥスク首脳会議常任議長(大統領に相当)は、EU加盟国の首脳にあてた20日付の書簡で、29日までに英議会で協定案が可決されることを条件に、「短期延長は可能だと思う」との見解を表明した。首脳会議では、3カ月の延期を軸に議論がされる方向で固まりつつあった。

 会議初日の21日午後、ブリュッセルの会場に集まった27カ国の首脳の前で、メイ氏は6月末まで延期する理由を説明。メイ氏の退席後、会議は午後4時ごろから始まった。

 当初、メイ氏が求めた内容についてだけ議論し、午後7時には記者会見を開く予定だった。だが、EU関係者によると、「英議会が協定案を承認する可能性はほとんどない。その場合どうするか考えるべきだ」という意見が出され、会議の主題が大きく変わった。

 アイルランドのバラッカー首相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら