[PR]

 1989年の改元の際、「平成フィーバー」に沸いた岐阜県旧武儀町(現・関市)の平成(へなり)地区について、地図大手ゼンリン(北九州市)が公式ツイッターで「平成(へなり)という地名は現在はありません」とつぶやいていた。ゼンリンは取材に対し、「住民の方への配慮が不足していたこと、深くおわび申し上げます」とコメントした。

 ゼンリンの公式ツイッターは1月8日、関市の「平成」の地名が「現在はありません」としたうえで、「ちょっぴり寂しいですね」とつぶやいた。関市によると、平成地区には今も6世帯が暮らし、「平成」の地名は住所表記としては存在しないが、「小字」で残る。

 ゼンリンによると、全国の住所を検索できる自社の商材で「平成」がつく住所を抽出し、その結果を基につぶやいた。小字は検索結果に出てこないため、現在はないと判断したという。

 ゼンリンの広報担当者は「先祖代々受け継いだ地名を『地名は現在ありません』とつぶやいてしまい、深く反省しております」とコメントしている。(山野拓郎)