[PR]

(23日、選抜高校野球 市和歌山3-2呉)

 呉・沼田歩中堅手(3年)は九回、三塁打を放つと、次打者のスクイズで捕手のタッチを大きくかいくぐる「忍者スライディング」を見せて同点の生還。「打球が捕手の目の前で止まって一瞬『やばい』と思ったが思い切った」。走路を外れたかと思ったが、何とか本塁に触ってセーフ。「よっしゃーと思った」