[PR]

 一流のみぞ知る孤独な苦闘――。21日限りで現役生活を終えた、大リーグのマリナーズ・イチロー外野手(45)=本名・鈴木一朗。日本で1278、米国で3089本の安打を記録した「世界の安打製造機」を、プロ野球で打撃三冠王に3度輝いた落合博満氏(65)が独自の視点で語った。

 イチローが、ストライクにしか手を出さないタイプだったら、もっと成績を残せたんじゃないだろうか。ホームランを狙って打てるのになあと思ったこともある。俊足で守備もうまく、ひたすら安打にこだわる。それが、イチローの求める理想像だった。

 もっとも評価されたバッティングの衰えは、ここまで長く活躍した打者だからこそ陥ったといえる。

 45歳になる年まで現役だった俺の経験でいうと、実績を残し続けることで、アドバイスしてくれる人が周りに居なくなった。それにいちばん苦労した。

 バッティングって自分にしか分からないんだ。血のにじむ努力を重ね、一人で磨きあげたものなんだから。イチローのような境地に達した打者なんて、ほぼ皆無。バットの位置やスタンスの幅がどうこうなんて、実体験が無いコーチや評論家が口を出せるわけないじゃん。

 イチローは、極限まで突き詰めて、あのコンパクトなスイングに行き着いたんだろうと思う。でも、現役生活は老いとの闘い。

 俺がそうだった。苦労なく打てたのは、ロッテ時代のほんの数年だけ。結果が出にくくなり、年齢に適したフォームを探し始めたことが、迷い道への入り口だった。センチやミリ単位にこだわる試行錯誤を始めた時点で、衰えの兆候があったということだ。

 スイングの開始から球をとらえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら