【動画】昭和20年代の自宅で行われた結婚式を再現する催し=根岸敦生撮影
[PR]

 千葉県栄町の県立房総のむらで23日、「祝言の料理―嫁ぐ日に―」が催された。昭和20年代の自宅で行われた結婚式を再現する催しで、この土地ならではの料理が並んだ。

 古民家や商家が復元、保存されている房総のむらをつかっての企画。花嫁が農家に嫁入りして、祝言の様子を見せた。料理は栄町龍角寺地区で出されていたもので、「料理番」と呼ばれる家が料理を仕出すのが習慣だったという。

 家が料理番だったという大野博さん(72)は「買い出しのため、築地まで行っていました。印旛沼が近いのでフナやコイも使われました」と話す。

 この日の新郎新婦役は房総のむ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース