[PR]

 サッカーJ2・横浜FCの元日本代表FW、三浦知良が23日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われたFC岐阜戦に先発で今季初出場を果たし、自身が持つJ2の最年長出場記録を52歳25日に更新した。J1~J3のリーグ全体でも史上最年長の出場となった。

 三浦の先発は2017年4月以来。前半41分、右からの浮き球パスに走り込んだが、わずかに頭の上を越えた。後半9分で交代。17年3月以来の得点は奪えず、自身の最年長ゴール記録の更新はならなかった。「俺が当てるのではなく俺の頭に当てるぐらいの気持ちで、センタリングを上げてもらいたい」と笑った。

 52歳で出場したことについて、「しっかりと準備して、サッカーに対するリスペクトを持ってやっている。その中でピッチに立てたのは、うれしい。もっと良くなることを考え、練習していきたい」と話した。チームは2―0で勝った。