[PR]

 (23日、フィギュアスケート世界選手権・男子フリー)

 初めて優勝を意識して臨んだ4回目の世界選手権。宇野昌磨(トヨタ自動車)に待っていた結末は残酷だった。演技後の取材エリアで悔し涙が止まらなかった。

 冒頭の4回転サルコー、2本目の4回転フリップは着氷が乱れて手をついた。ともに回転不足。4回転トーループからの連続ジャンプも後ろのジャンプをつけられず。「結果を求めてとか、1位になりたいって言っていた自分がこのような演技をしてしまうと恥ずかしい。本当に失望した」。フィニッシュポーズを決めた宇野に表情はなかった。

 結果を追求する新しい挑戦をし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも