[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーがあり、全米王者のネーサン・チェン(米)が連覇した。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――今日の結果を受けて。

 「この2人(羽生結弦とビンセント・ゾウ)と一緒にみなさんの前に立てるのはすごいこと。米国もメダリストが2人いてすごく喜んでいます。この大会はすごくいい経験になりました。日本では(お客さんが)精いっぱい応援してくれます。ショートプログラム、フリーともにいいプログラムができて満足しています。このような経験を重ねていきたいです」

 ――羽生結弦選手の直後で大歓声だったが、どうだったか。どう冷静さを保てたのか。

 「結弦と日本で競技ができたこともうれしいです。当然彼が演技をすれば、客席は総立ちになる、しびれる雰囲気になると思っていました。幸いにも今日はくまのプーさんもリンクの片側に寄っていたので、ウォーミングアップがしやすかったです。日本のファンが私たち選手をどれだけ思っているのか、スケートをいかに愛しているのかは、氷を埋め尽くすくまのプーさんに表れています。自分自身もそれを見ると感動します。結弦の大きな歓声の後、私の歓声は少し少なかったかもしれないけれど、応援をしてもらえた。だから私はこの競技が大好きです」

 ――2022年北京五輪につい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら