[PR]

 高知学芸高校(高知市槙山町)の生徒ら28人が修学旅行中の中国・上海で亡くなった列車事故から31年の3月24日、同校で慰霊式があった。遺族や生徒ら約350人が出席し、犠牲者の名前を刻んだ「永遠(とわ)の碑」の前で黙禱(もくとう)した。

 1988年3月24日午後3時20分ごろ、列車同士が衝突し、生徒27人と教諭1人が亡くなった。慰霊式で橋本和紀校長は「本校が存続する限り、事故のことを忘れず語り継ぎ、慰霊を続けてまいります」とあいさつした。

 当時16歳だった長女の寿和(すわ)さんを亡くした宮地俊子さん(70)は、写真をポーチに入れていつも持ち歩いている。「この時期になると胸が痛い。学校の先生の中にも事故のことを知らん人もいる。記憶は薄れていくけんど、ゼロにはならん。二度とこういうことがないよう語り継いでほしい」と話した。(森岡みづほ)