[PR]

 大相撲春場所千秋楽は24日、エディオンアリーナ大阪であり、横綱白鵬が15戦全勝で3場所ぶり42度目の優勝を決めた。

 平成最後の賜杯(しはい)を白鵬は1人では抱けなかった。右腕を固定し、朝日山親方(元関脇琴錦)の支えを受けながら左腕だけで受け取る。痛々しい姿が代償の大きさを物語っていた。

 アクシデントは立ち合い直後だった。右差しから「無理をした」というすくい投げで「(右上腕の)筋肉が切れた」。それでも勝利への執着心で力を振り絞る。鶴竜に両差しを許したが、巻き替えて右四つに。1分を超え、相手が前に出た瞬間、手負いの右下手で強引に投げ飛ばした。

 この春にかける思いは場所前か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも