[PR]

 国内有数のマグロ水揚げ港である和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港で25日朝、今年最大となる体重386キロ、全長262センチの巨大クロマグロが水揚げされた。

 水揚げをしたのは宮崎県川南町のはえ縄漁船、直喜丸(19トン、乗組員4人)。22日夕に高知県室戸岬沖約450キロの海で捕獲した。船長の児玉保彦さん(57)は「あまりの重さにはえ縄を引っ張り上げるクレーンの部品が壊れたほど。船の魚槽に入れるのも一苦労だったが、とにかくうれしい」と話した。競り値は1キロ5690円(1本約237万円=税込み)だった。

 魚市場見学に訪れた観光客も驚きながらマグロの前で記念撮影をしていた。勝浦漁港では21日に308キロの大物も水揚げされている。(東孝司)