[PR]

 スポーツ用品大手のデサントは25日、創業家出身の石本雅敏社長(56)が退き、伊藤忠商事の小関(こせき)秀一専務執行役員(63)を後任とする人事を発表した。取締役構成の見直しなども含めて伊藤忠の提案を受け入れ、事実上、同社の支配下に入る。敵対的TOB(株式公開買い付け)にまで発展した対立は収束した。

 同日、デサントが取締役会を開いて社長人事などを決定した。小関氏は伊藤忠で繊維部門のトップを務めている人物で、6月の株主総会日付で石本氏から社長を引き継ぐ。伊藤忠出身の社長は6年ぶり。

 取締役の人数も伊藤忠の提案を受け入れ、現在の10人から6人に減らす。デサント、伊藤忠、社外から各2人ずつとし、社外取締役にはネスレ日本社長の高岡浩三氏、スカイマーク会長の佐山展生氏を入れる。

 伊藤忠はデサントと50年前か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら