[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画で、政府は25日、名護市辺野古沿岸部の新たな区域で土砂投入に向けた工事を始めた。防衛省沖縄防衛局が発表した。午後にも土砂を投入する。玉城デニー知事は安倍晋三首相との19日の会談などで再三中止を求めたが、政府は強行した。

 沖縄防衛局は午前8時半ごろ、沖縄県に対し、土砂投入の作業に入ると連絡した。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部では、クレーン車が資材をつり上げる様子が見られた。

 新たな区域はキャンプ・シュワブの南西側。広さは約33ヘクタールで、埋め立て予定区域全体の5分の1にあたる。東隣の区域では昨年12月に土砂投入を始め、6・3ヘクタールのうち4割弱が土砂で埋まった。政府は来年夏にもこれら南側全域の「陸地化」を終える構えだ。

 一方、キャンプ・シュワブの北…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら