[PR]

 桜田義孝五輪相は25日の参院予算委員会で、地元・千葉県で24日にあった集会で東日本大震災について「国道や東北自動車道が健全に動いていた」などと発言したことが事実誤認だったとして謝罪、撤回した。

 立憲民主党の吉川沙織氏らが報道を引用し、桜田氏が「東日本大震災で国道や東北自動車道が健全に動いていたからよかったが、もし首都直下型地震が起きたら、人や車、物資の移動も妨げられる」と発言したと指摘。事実関係や認識をただした。

 桜田氏は「広く国土交通網と言及し、健全に動いていたとの発言は事実と異なる。おわびの上、撤回する」と述べた。一方、「今後とも一層身を引き締めて担当大臣として復興五輪・パラリンピックの実現に努力したい」と述べ、辞任は否定した。安倍晋三首相も「今後発言の正確さに十分留意し、東京五輪・パラリンピックの成功に向けてしっかり取り組んでもらいたい」と続投させる考えを示した。

 桜田氏は「国道を含め多くの道…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら